圧延解析シミュレータ CAS4

 
圧延解析シミュレータ
 
CAS4(キャスフォー)
 
・分割モデルによる汎用多段ロール解析シミュレータ
 

・特徴
1.解析対象ミルの範囲が広い。
   ・厚板ミルから箔ミルまで。
   ・熱間スラブから箔材まで。
   ・現在対象可能ミルは5種類。
 
2.高クラウン制御機能のシミュレーションが可能。
   ・全対象ミルにWRシフト、WRクロス(ペアクロス)機能あり。
   ・全ロール(WR、IMR、BUR)に任意のロールカーブ付与可能。
     
3.箔圧延でのキスロール近傍の解析が容易。
   ・キスロール圧延時のWR同志の接触面圧もギャップ内板厚分布等と同時計算可能。

・CAS4導入のメリット
 
1.簡単なインプットで高精度の実機シミュレーションが可能。
 
2.新規ミルの計画、基本設計時の設計ツールとして活用。
 
3.開発段階でのモデル実験不要 → 実験装置の設計、製作、維持管理
  要員が不要となり費用削減効果が大きい。
 
4.実操業ミルの各種問題点の解決、改造諸元の決定ツールとして活用。
 
5.学校、研究機関等での有効な圧延シミュレータとしての活用。

・(ご参考)CAS4 検討予想例
 
1.現在稼働中のミルのクラウン制御能力向上等の検討
  ・ロールイニシャルクラウンの変更
  ・ベンダー能力改造
  ・ロール径の変更、ミル形式変更(ロール本数の変更)
  ・新パススケジュールの検討
  ・各パス設定荷重の変更(出側板厚の変更)
 
2.新計画ミルのクラウン制御能力の把握
  ・基本ミル寸法の検討
  ・ベンダー能力の検討
  ・ロール間面圧、ロール間ギャップの有無のチェック
  ・各ロールのイニシャルクラウンの検討
  ・シフト、クロス機構の採用の有無の検討
   など。
 
3.現在稼働中の箔ミルの検討 
  ・キスロールの有無のチェック
  ・最適ワークロール端部形状の検討
  ・設定荷重の変更(出側箔厚みの変更)
   など。

・CAS4ミル形式と解析機能

・CAS4 解析可能ミル形式

・CAS4 高クラウン制御機能